運営メンバー募集

12787220_759440874186886_1204154489_o

「人のために何かしたい」

その想いを一緒に形にしませんか?

高田と僕らの未来開拓プロジェクトでは、
プロジェクトを創っていく高校生と大学生のコアメンバーを随時募集しております。

高校生と大学生で行う毎月のコアメンバー会議や地域の方々との交流を行ない、
「やりたい」という想いを仲間と共に形にしていきます。

地域のためになにかしたい…
本気の仲間と出会いたい…
なにか熱いことをやりたい…
人のために何かしたい…

そんな熱い想いを抱えたあなたを待ってます!!

今までのスタッフ感想

畠山奈々子
大船渡高校2年
たかぷろは自分にとってきっかけをくれる場所。たくさんの出会いの中にいつもたかぷろがいる。学校の友達とは全然違う、同じ志を持って共に未来を開拓する仲間ができた。きっとそんな仲間に出会えている高校生は滅多にいないだろうし、自分は恵まれていると思う。だからこそ、この出会いと志を無駄にしたくない。
活動の中で一番感じたのは広田の温かさ。年齢も性別も関係なく、いつもみんなの笑顔がキラキラしていてどこか馴染みやすくて。たかぷろがあったからこそ、そのことにも気付くことができた。こんなに大きく成長できて、意識が変わってきたのもやっぱりきっかけはたかぷろ。これからも仲間を大切に、共に広田の未来を開拓するために本気でぶつかって本気で活動していきたい。
村上真理恵
高田高校2年
私はたかぷろにコアメンバーとして関わってきて、本当によかったなと思います。
理由は、今までは活動される側だったけど、活動する側の立場になって大変なこと、楽しいことなとたくさん学ぶことができたからです。コアメンバーだから1から作っていかなきゃいけないことがあって、どう考えたらいいのか悩んだり、深く考えるのが私はとても難しかったです。でもおかげで考えの幅が広がりました。
また、活動を通して人と関わることの嬉しさ、楽しさ、喜びなどたくさんのワクワクに出会えました。
私が今まで経験したことのないような経験ができてコアメンバーでよかったと思います。
深尾智絵
高田高校1年
たかぷろでコアメンバーとして活動していて良かったなと思うことは自分のやりたいことが意見として反映されそれが形になることが多いということです。これはコアメンバーだたからこそできることだと思います。そしてたくさんの人と関わることができます。たくさんの人と関わることで自分の知らなかった世界を知ることができたり視野が広がったりしました。自分の力ではできないようなこともコアメンバーになったからこそできるようになって、もっとたくさんの人のために何かをしたいと思うことが増えました。
山口直也
山梨英和大学2年
陸前高田で活動をしてまもないですが、私はあの町が大好きです。最初はただのボランティアだと思っていましたが、いつも私に新しい刺激と気づきを与えてくれます。たかぷろに参加してからの私は圧倒的にかわりました。ボランティアをして積極的になる、よい人格になる、なんて、昔は信じていませんでしたが、今ではその意味が少しだけわかります。同じ志を持った仲間とともにプロジェクトを成功させるために全力を注ぐ。すると相手から、笑顔や感謝が帰ってくる。こんなに素晴らしい時間を過ごせているからこそ、たかぷろに出会えたこと、本当に良かったと思っています。
佐々木裕郷
立教大学2年
私はたかぷろのプロジェクトメンバーとして活動したことで自分のことをよく知れました。人のために活動することで、その活動に対する自己評価だけでなく、周りの人からの反応や評価をもらえるため、周囲の人にとって自分がどういった人間であるのか、どういったことを求められているのかを深く知ることができました。今もらえている周りからの反応や評価と理想の自分を照らし合わせながら、少しでも理想の自分に近づけるようにこれからも活動に励みます!
飯盛みなみ
横浜国立大学1年
教育に興味がある。ためになる経験ができそう。そんな気持ちだけでたかぷろに飛び込んでみたものの、どうやら大切な部分はそこではなかったようです。将来のために教育について学ぼう!凄い経験をしよう!と意気込んで活動するというよりも、何でもない日常を見つめてみたり、目の前の一人ひとりと真正面から向き合ったりする中で、自分向きのベクトルだけでなくてもっとその奥にある、人との間にあるなにかあたたかいものを感じられるようになりました。そのあたたかいものは、ここでの活動だけでなくいつでも忘れずにいたいです。

募集要項

高校生
・陸前高田市在住の高校1~3年生
・「地域や人のためになにかしたい」という想いがあること
・月1回の広田での高校生大学生会議に参加できること
大学生
・大学1~4年生
・教育や地域活性化に興味があること
・「人のために何かしたい」という想いがあること
・週1回の東京での会議に参加できること
・月1回の広田での高校生大学生会議に参加できること
お名前必須
高校生・大学生必須 高校生大学生
学校・学年必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須